22曲、1時間54分

スタッフメモ

くるり初のライブ盤「Philharmonic or die」は、2008年に行われたパシフィコ横浜でのウィーン・アンバサーデ・オーケストラとの共演と、バンドの地元である京都の名ライブ・ハウス磔磔(タクタク)におけるライブの二部構成となっている豪華な1作だ。前半のオーケストラ・サイドでは、クラシックからの影響色濃い7thアルバム「ワルツを踊れ Tanz Walzer」収録曲の再現のほか、“春風”、“惑星づくり” といった過去の楽曲もオーケストラ・アレンジで生まれ変わっているのも見逃せない。なかでもダンス・アンセム “WORLD'S END SUPERNOVA” は白眉の出来。重層的なサウンドをあますことなく表現するミキシングの見事さも含めて必聴だ。そして後半はライブ・ハウス録音でギミックなしのバンド・サウンドを堪能することができる。両サイドに収録されている唯一の楽曲 “アナーキー・イン・ザ・ムジーク” を聴き比べると、より立体的に本作を楽しむことができるだろう。

スタッフメモ

くるり初のライブ盤「Philharmonic or die」は、2008年に行われたパシフィコ横浜でのウィーン・アンバサーデ・オーケストラとの共演と、バンドの地元である京都の名ライブ・ハウス磔磔(タクタク)におけるライブの二部構成となっている豪華な1作だ。前半のオーケストラ・サイドでは、クラシックからの影響色濃い7thアルバム「ワルツを踊れ Tanz Walzer」収録曲の再現のほか、“春風”、“惑星づくり” といった過去の楽曲もオーケストラ・アレンジで生まれ変わっているのも見逃せない。なかでもダンス・アンセム “WORLD'S END SUPERNOVA” は白眉の出来。重層的なサウンドをあますことなく表現するミキシングの見事さも含めて必聴だ。そして後半はライブ・ハウス録音でギミックなしのバンド・サウンドを堪能することができる。両サイドに収録されている唯一の楽曲 “アナーキー・イン・ザ・ムジーク” を聴き比べると、より立体的に本作を楽しむことができるだろう。

タイトル 時間

くるり その他の作品

他のおすすめ