16曲、38分

スタッフメモ

「日本の女を歌う」を掲げて、これまでリリースを重ねてきたNakamuraEmiの6作目となるアルバムは、原点回帰ともいえる「女性」がテーマ。徹底してリアルな言葉を紡いできた彼女が、繊細かつ力強いタッチで、現代を生きる女性の本音を描く。強く生きてきた自分自身に向け、誰かに助けてもらってもいいと声を投げかける"バカか私は"、ややこしい女同士の友情を深く掘り下げた"女の友情"、未来を担う子どもたちへ温かいまなざしを注ぐ"いつかお母さんになれたら"など、女性ならではの視点から奥深いメッセージを発信。恋愛や家族愛のみならず、社会的なつながりや次世代を守り育てる想いなど、慈愛に満ちた歌が増え、ナチュラルなトラックと共にやわらかな印象が残る。

スタッフメモ

「日本の女を歌う」を掲げて、これまでリリースを重ねてきたNakamuraEmiの6作目となるアルバムは、原点回帰ともいえる「女性」がテーマ。徹底してリアルな言葉を紡いできた彼女が、繊細かつ力強いタッチで、現代を生きる女性の本音を描く。強く生きてきた自分自身に向け、誰かに助けてもらってもいいと声を投げかける"バカか私は"、ややこしい女同士の友情を深く掘り下げた"女の友情"、未来を担う子どもたちへ温かいまなざしを注ぐ"いつかお母さんになれたら"など、女性ならではの視点から奥深いメッセージを発信。恋愛や家族愛のみならず、社会的なつながりや次世代を守り育てる想いなど、慈愛に満ちた歌が増え、ナチュラルなトラックと共にやわらかな印象が残る。

タイトル 時間

NakamuraEmi その他の作品