スタッフメモ 作詞作曲、ボーカルを務める女性シンガー、ACAねを中心とした正体不明のプロジェクトによるセカンドEP。ミュージックビデオを先行公開した後に作品をリリースするその活動スタイルから見て取れるのは、ボーカロイドなど、日本で独自に発展を遂げた音楽動画投稿サイトからの影響。さらにシニカルなユーモアを感じさせる言葉遊びと本音が混在する歌詞世界を伝えるサウンドは、キャッチーなメロディと膨大な情報量を凝縮したプログレッシブなアレンジを共存させることで音楽を読み解く楽しさを生み出している。躍動するピアノがリードする怒濤の演奏が感情の高まりを伝える「勘冴えて悔しいわ」にオリエンタルなメロディとアフロビートを思わせる変則的なリズムが目くるめく展開を見せる「正義」、ジャジーヒップホップとファンク、ロックを咀嚼した「眩しいDNAだけ」など、濃密な楽曲が次から次へと押し寄せる。

1
3:58
 
2
4:30
 
3
4:02
 
4
5:00
 
5
4:52
 
6
3:46
 

ミュージックビデオ

ずっと真夜中でいいのに。 その他の作品

おすすめコンテンツ