スタッフメモ フォークからニューミュージックへと時代が変わっていく中の1974年、人気絶頂だった吉田拓郎28歳時の作品。森進一に提供してヒットを記録した "襟裳岬"(1974年度レコード大賞受賞曲)や、人気フォークグループの猫に提供した "戻ってきた恋人"、当時トップアイドルの一人だった南沙織に捧げた "シンシア"(かまやつひろしとのデュエット)など、ソングライターとしての幅広い力量を発揮した他アーティストへの提供曲も収録しながら、ボブ・ディランを想起させる熱情的な歌い口や鋭利な言葉の数々を披露、当時、本作に胸たぎらせる者がどれだけ多かったか想像に難くない。時代の趨勢にあらがうような古風なタイトルも拓郎ならでは。

ソング
人生を語らず
1
4:33
 
世捨人唄
2
2:32
 
おはよう
3
2:45
 
シンシア
4
4:19
 
三軒目の店ごと
5
4:36
 
襟裳岬
6
4:11
 
知識
7
3:59
 
暮らし
8
2:36
 
戻ってきた恋人
9
2:57
 
僕の唄はサヨナラだけ
10
5:09
 
贈り物
11
4:06
 

よしだたくろう その他の作品

おすすめコンテンツ

他のおすすめアルバム