13曲、45分

スタッフメモ

キャリアを通じて最もキャッチーなメロディを持ちながら、シンプルでストレートなロックンロールを豪快に響かせるサードアルバム。先行シングル"ゲット・アップ・ルーシー"、"バードメン"で見せた地鳴りのようなバンドアンサンブルと、チバユウスケの気だるくも挑発的なヴォーカルが生み出す怒涛のテンションは彼らの真骨頂だ。アベフトシの豪快なギターリフと高速カッティングが、アルバムの随所で閃光を放っている。空虚に哀愁をかき鳴らす"ブギー"、"サニー・サイド・リバー"といったメロウなナンバーもこのアルバムならではの魅力。初期のビートパンク、ネオモッズ路線から、パブロックやガレージ色を帯びたロックンロールへと変貌を遂げるターニングポイントとなった作品である。

スタッフメモ

キャリアを通じて最もキャッチーなメロディを持ちながら、シンプルでストレートなロックンロールを豪快に響かせるサードアルバム。先行シングル"ゲット・アップ・ルーシー"、"バードメン"で見せた地鳴りのようなバンドアンサンブルと、チバユウスケの気だるくも挑発的なヴォーカルが生み出す怒涛のテンションは彼らの真骨頂だ。アベフトシの豪快なギターリフと高速カッティングが、アルバムの随所で閃光を放っている。空虚に哀愁をかき鳴らす"ブギー"、"サニー・サイド・リバー"といったメロウなナンバーもこのアルバムならではの魅力。初期のビートパンク、ネオモッズ路線から、パブロックやガレージ色を帯びたロックンロールへと変貌を遂げるターニングポイントとなった作品である。

タイトル 時間

THEE MICHELLE GUN ELEPHANT その他の作品

他のおすすめ