スタッフメモ The Beatles のラストアルバムとしてリリースされた「Let It Be」は「Abbey Road」以前にレコーディングが終了していたがその当時はリリースされずに、バンド解散が正式に発表された数週間後にリリースされている。「シンプルなライブ演奏そのままテープに収める」というコンセプトで行われたレコーディングセッションは、スタジオエフェクトや楽器、歌のオーバーダビングなどを極力抑えた、シンプルな演奏を収めることに比重を置いたものであった。このアプローチにより "Dig a Pony" や "I've Got a Feeling" などのソウルフルな臨場感あふれる曲を録音することに成功した。(この二曲はバンドの最後のライブとなった屋上コンサートでも演奏された)アルバムにはバンドのルーツでもあるシンプルなロックンロールナンバー、"Get Back"、"One After 909" の他、アルバムの完成のために迎えられた名プロデューサー、Phil Spector により新たに女性コーラスやオーケストラ・パートなどが追加され完成した名曲 "Let It Be"、"The Long and Winding Road" を収録。

1
3:35
 
2
3:55
 
3
3:48
 
4
2:25
 
5
0:50
 
6
4:03
 
7
0:40
 
8
3:37
 
9
2:53
 
10
3:38
 
11
2:32
 
12
3:07
 
13
4:42
 

ミュージックビデオ

ビートルズ その他の作品

おすすめコンテンツ