10曲、57分

スタッフメモ

日本を代表するピアニストの一人、フジ子・ヘミングのファーストアルバムにしてクラシック界における異例の大ヒットとなった名作。遅咲きのピアニストが波乱万丈の人生の中で味わってきた苦しみ、悲しみ、喜び。そんなさまざまな感情の機微を独白するかのように紡ぐその唯一無二の表現は、このアルバムによって世に知られ、多くのリスナーの心をつかんだ。難曲として知られるリストの「ラ・カンパネラ」においても超絶技巧に偏らず、ゆるやかなテンポでメロディを美しく響かせる。ショパンの「ノクターン」さえも譜面の行間に彼女ならではの物語を編み込み、自分自身の歌のように奏でてしまう。心揺さぶるピアニズムにあふれたアルバム。

スタッフメモ

日本を代表するピアニストの一人、フジ子・ヘミングのファーストアルバムにしてクラシック界における異例の大ヒットとなった名作。遅咲きのピアニストが波乱万丈の人生の中で味わってきた苦しみ、悲しみ、喜び。そんなさまざまな感情の機微を独白するかのように紡ぐその唯一無二の表現は、このアルバムによって世に知られ、多くのリスナーの心をつかんだ。難曲として知られるリストの「ラ・カンパネラ」においても超絶技巧に偏らず、ゆるやかなテンポでメロディを美しく響かせる。ショパンの「ノクターン」さえも譜面の行間に彼女ならではの物語を編み込み、自分自身の歌のように奏でてしまう。心揺さぶるピアニズムにあふれたアルバム。

タイトル 時間

フジ子・へミング その他の作品

他のおすすめ