スタッフメモ デビューした1991年のうちに発表された2作目のアルバムで、演奏の躍動感が増進。中でも三輪テツヤのギターがUKロック、それもシューゲイザー寄りのサウンドがのびのびと鳴っているのが印象的だ。タイトル曲や「恋のうた」といった人気の高い曲はメルヘンチックでありながら底に毒気のようなものを忍ばせていて、こうした草野マサムネの作風の独自性が浸透しつつあったのもこの頃である。また先行シングル「魔女旅に出る」ではピチカート・ファイヴなどを手掛けた長谷川智樹をアレンジャーに招き、初めてストリングスを導入。ザ・フーの「四重人格」を念頭に置いたというこの曲がロマンチックな盛り上がりを伴いながらアルバムを締めくくる。ちなみにジャケットに映るネコは「このみちゃん」という名前とのこと。 

1
3:28
 
2
2:36
 
3
3:44
 
4
4:47
 
5
2:46
 
6
3:52
 
7
3:24
 
8
2:58
 
9
4:31
 
10
2:40
 
11
3:59
 

スピッツ その他の作品

おすすめコンテンツ