VI

ミツメ

VI

想像力を刺激するミニマルなアンサンブルを極めてきた4人組バンドが、音の間にポジティブなムードを宿した2年ぶりのアルバム。4作の配信シングル、外部アーティストとの交わりから生まれた「トニック・ラブ (tofubeats remix)」と「Basic (feat. STUTS)」を発表しながら、制作が進められた本作は、作業の一部をリモート環境下で行いながら、各メンバーが練り上げたアイデアを糧に、バンドとして大きな進化を遂げている。アレンジ面においては、シンセサイザーを用いるなど音色の多彩さを指向した前作『Ghosts』から一転してギターサウンドに立ち返り、印象的なフレーズを緻密に編み上げるとともに、リズムアプローチはより多彩に、肉感的かつタイトなものへと変化。「フィクション」に象徴されるように、肯定的な言葉を繰りながら、日常における心地よい瞬間を描き出すボーカル川辺素の歌詞世界と相まって、響きのみずみずしさが際立つ作品となっている。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12