インディゴ地平線

スピッツ

インディゴ地平線

シングルのセールスチャートで初の1位を獲得した「チェリー」、エレクトロなアレンジが冴える「渚」所収のアルバムで、前作の『ハチミツ』に続いて大ヒットを記録した。ファミレスの名前がサラリと出てくる「ナナへの気持ち」、ライブのレパートリーとして親しまれる「バニーガール」など、草野マサムネのソングライティング、バンドのアレンジ力が高いクオリティでキープされており、バンドの地力が存分に発揮された作品となっている。ただ、当時の自分たちの異常な人気ぶりをメンバーは"スピッツ・バブル"と呼んでいて、その余波はスケジュールを圧迫し、制作は多忙な中で進行したそうだ。パンキッシュな「花泥棒」はギターの三輪テツヤ、サイケデリックなメロディの「ほうき星」はベースの田村明浩がそれぞれ作曲するなど、新しい試みも見られる本アルバムは、笹路正徳とのタッグの最終作となった。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12