スタッフメモ ジム・オルークをプロデュースに迎えたロック的アプローチの前作「図鑑」から一転して、シーケンサーによる4つ打ちのリズム、電子音の大胆な導入など、目に見えてバンドの裾野の広さを提示してみせたのが、彼らのサードアルバムにあたる本作。突然のサンプリング風トラックにスクラッチ、そしてラップまでも披露した "TEAM ROCK" に始まり、その後の彼らの代表曲ともなる、性急なイーヴンキックに多幸感あふれるうわものでリスナーを驚かせた "ワンダーフォーゲル" 、岸田個人が敬愛するドラゴンクエストをモチーフにしたとの "LV30" 、エレクトロなうねるシンセベースが新境地な "C’mon C’mon" 、ピアノの弾き語りでしっとりと聴かせる "カレーの歌" 、人力テクノな味わいもあるミニマルコールドファンク "永遠" 、エモーショナルなロックンロール "トレイン・ロック・フェスティバル" 、プロコル・ハルム的荘厳さをただよわす "迷路ゲーム" 、バンジョーの響きも軽やかな "リバー" など多彩なアンサンブルと方法論の遍在は、バンドの汲めども尽きぬ創作欲を証明するに余りある。そしてスーパーカーのフルカワミキを迎え彼らの代表作ともなった "ばらの花" に描かれた風景の見晴らしの良さこそが、この3作目のアルバムを特徴づける要素ではないだろうか。

1
2:08
 
2
4:35
 
3
5:08
 
4
3:02
 
5
5:05
 
6
3:33
 
7
6:23
 
8
1:59
 
9
5:01
 
10
4:40
 
11
4:13
 

ミュージックビデオ

くるり その他の作品

おすすめコンテンツ

他のおすすめ